2017年4月8日土曜日

当たり年確定

愛車を縁石に当てた日に1万円の商品券が届いた今年の2月
前ブログに「 当たり年ですか? 」と書きましたが
もう、確定でしょう


今度は夫宛てに


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



「vol.2」はなるべく渋く、クールに、オトナらしく
こんな顔文字を入れないステージにしようと思ったのに…
しょっぱなから無理でした(。-_-)


だって日本酒だよ!(*´∀`*) しかも2本!!

しかも しょっぱなからお酒ネタ(。-_-)
まぁそれはいいか



地元誌『月刊新潟WEEK!』3月号の読者プレゼントに
応募していたのです




82名に2本セットでプレゼントという超太っ腹企画
挑まぬものに当たり無し!





いつもながら超気合いを入れて書いた私と
葉書の仕上がりが汚くなったとしょぼくれていた相方

どちらかが当たるといいね、と申しておりましたが
相方の喜ぶ顔が目に浮かびます

開封はじっと我慢
夫の帰宅がこんなに待ち遠しかった日がありましょうか

誌面にはプレゼントとして用意された60銘柄の新潟地酒が
写真付きで紹介されていました

「どれが届いてもうれしいね」
と言いつつも実際上は好みがあり

「どれが届いたらうれしい?」とか
「どれが入っていると思う?」とか
「下越在住だから上越のお酒が届くかな?」とか

あーだこーだと開封前のドキドキにも
付き合ってくれる相方

「コレが入っている!」という予想をそれぞれ立てたのち
イザ、開封!!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


「上越酒」の予想はハズレて2本とも下越のお酒でしたが
まさかの 宮尾酒造さん(村上市)の「〆張鶴」(山田錦・純米吟醸)!と
ふじの井酒造さん(新発田市)の「紫雲の光」(純米吟醸)

「紫雲の光」はまさに直前、入っているお酒予想として
ワタシの直感が指さしたお酒でした!
(60種の中から当ててしまうとは… やはりただごとではない当たり年

ふじの井酒造さんは普通酒しか飲んだことがないのですが
先日訪ねた村上市は大洋盛さんの地元酒「紫雲」を思い出し
”紫雲” つながりで、飲んでみたいと思ったのでした
(それぞれの ”紫雲” の意味・由来は全く違うものですが

なんてゴージャスなプレゼント
うれし~~(=´∀`)人(´∀`=)



大洋盛の紫雲 シリーズは
村上市に行かないと買えない地元酒


冷蔵庫には一緒に買ってきた
〆張鶴(しめはりつる)「花」のワンカップもスタンバイ

”紫雲” づいてます
”〆張” づいてます

***

このところ上越のお酒が恋しくなっておりましたが
せっかく住まわっている下越のお酒をまだまだ愉しみなさい
ということでしょうか

「WEEK!」の皆さま、蔵元&スポンサーの皆さま
ありがとうございます!!


K「酒が減らんなぁ ( ̄ー ̄) にや