2017年7月14日金曜日

映画「日本と再生」

映画「 日本と再生~風と光のギガワット作戦 

新潟シネ・ウインドにて7月21日(金)まで


脱原発が必要なことはわかった、
でも原発無しにどう暮らせばいいの?

という問いにたいへんわかりやすく答えた
河合弘之監督のシリーズ3作目が新潟シネ・ウインドにて上映中




ヨーロッパ、中国、アメリカ…
世界の趨勢は
すでに自然エネルギーが本流になっていた!!

世界の自然エネルギーの発電量が
世界の原発の発電量の2倍以上になっているって
知ってました?!


史上最悪の原発事故を起こした日本が
どうしてその流れに乗れないのか

上映後の特別講演会で、河合弘之監督(中央)は
日本の自然エネルギー転換の「障害は政治だけです」
とおっしゃっていました

自然エネルギー資源も、国民的支持も、すでにある、と
あとは政治が動く(政治を動かす)だけで
大転換が起きる(起こせる)と

本作のDVDは全国会議員に送付したとのこと
経済界にも自然エネルギーは「儲かる」ことを理解してもらうべく
要点を込めた話なども

***

舞台向かって右は、河合監督が
映画の企画・監修・実動パートナーとして選んだ
ご存知・環境学者の飯田哲也さん

1年の半分は海外の現場に居るという飯田さんと、
本業は弁護士で原発訴訟などで大忙しの河合さん

このお二人が揃うことは大変貴重な機会です
代表理事の佐々木寛さん



脱原発できない日本の「原子力村」の構造をわかりやすく解説し
原発の問題を描ききった前作
「日本と原発~4年後」

私は郡山にいた昨年の3.11に
福島県は三春での上映会で観ることができました

が、3回は観て下さい!
と前作のDVDをアピールする河合監督

自然エネルギーと脱原発は表裏一体のセットです、と



大変な発熱量の講演会でした

***

映画は7月21日まで1日2回上映中
どうぞお見逃しなく