2018年6月22日金曜日

気になる「飛び出す系」

新潟県立近代美術館で開催中の「白寿・江口草玄のすべて」展が
素晴らしかったです



「書」の見方も楽しみ方も、よくわからなくて
草玄先生のこともよく存知なかったのですが

ちょうど休廊日前日、行って来られたお客様が相次いで
お聞かせくださった感想に惹かれてにわかに出かけ、
すっかり堪能してきました

拝見できてよかったです
書とはこんなに楽しいものでしたか

墨のうねりの骨格には確かなることばがあり
読めないそれを読むのでなく、感じることを愉しめました

草玄先生が、文字・ことば・言葉の姿 を大切にして書かれていることを
解説を手がかりに、書の前に立って、実感することができた気がします


漢詩を書いたものが無いのは、そのリアルな心情に立てないゆえと
日本語による、情景・わびさびの伝わる句を
近年ではかな書きで、書いておられることも好ましく

それは文字以上に文字であり
アート以上にアートであるような

そしてパンク以上にパンクな
その道の険しかったであろうことを思いながら
信念の追求を拝見しました

たびのそら屋での「猪爪彦一展」と同じく、7月1日まで開催中です




このところしばしば、気になるひとが「飛び出す系」です

県立万代島美術館で24日まで開催中の
「 ターニングポイント!~人生、それぞれの時 」展では
横山操が大作「十勝岳」の発表をめぐって会派を脱会した
という転機の紹介が印象的でしたし

江口草玄もまた、自らの信念に基づいて飛び出したひとであられると

そして、このタイミングで言えば、落語の立川一門がまさに
協会から離脱した「飛び出し系」

飛び出し系に飛び込んだ「志の太郎」さんの志や
いかに

7/8  立川志の太郎・定点観測・第一回落語会
インフォメーションはこちら→  


「飛び出し系」といえば、もうひとつ
新潟市にある NSG美術館 で24日まで開催中の
空に飛び出し舞っての視点が愉しくて、わくわく全開

そしてちょっと鳥肌も立ってしまったほど
とても引き込まれる作品群でした


いずれも会期末にゆとりをもってご紹介できず残念ですが
お出掛けのタイミングの合う皆様、どうぞお見逃しなく☆